LAUREL CLUB  
  2017年 募集馬視察ツアー会員様レポート@  
 

“牧場の想いを感じるツアー”
Text by H.N.様

【今年の意気込みは?】

 私は昨年6月にローレルクラブへ入会し、そのまますぐ、この募集馬視察ツアーに初参加して、今回が2度目の参加となります。

 いずれも一人での参加ですが、昨年は懇親会でも二次会でも、牧場の方や他の会員の方に話しかけることが、ほとんど出来ませんでした。

 今年はまず第一に、初出資で勝利してくれたダイヤインザラフ号の、お礼とお祝いの言葉を、樋渡さんご夫妻に伝えること。そして、牧場さんからいっぱい話を聞くことが目標です。

 もちろん昨年見た当歳馬が、1歳となり、どれくらい成長したのかを見るのも楽しみです。特に、既に出資したあの馬と、検討中のあの馬…。

【18施設21頭の展示見学】

 今年は追加受付も行われ、最終的に50名を超える参加となったようで、バス2台に別れて同じ地区の牧場を逆回り(一部の牧場は合流)する形で見学しました。

 同時に見学する人数が少ないと、やはり少しゆったりした気分で馬を見たり触れたりでき、私達には嬉しいのですが、逆に牧場の方は2度の来場で対応時間が増え、馬にとっても負担が大きくなり、大変だろうなと思いました。

 ヤシ・レーシングランチさん&新冠橋本牧場さんが、手作りのメッセージボードを掲げてバスをお見送りしてくださり、これには会員さんも大喜びでした。

 アピールコメントも注目しますが、こうした心意気が「ああ、この仔はちゃんと愛情を持って育ててもらえてるんだな。安心して出資できるな」と、深く印象に残りますね。

 あと、募集馬にかわいいお見送りをされると、つい一口行こうと思ってしまうのも、ツアーあるあるですね。

【懇親会】

 今年は人数が多いこともあって、結婚式で使われるような広い会場にて、ビュッフェ形式で美味しいお料理をいただきながらの懇親会でした。今年も多くの牧場さんが出席されました。

 まずは優勝ゼッケン争奪ジャンケン大会。同じ馬を共に応援する仲間ですが、唯一この時だけはライバルです。

 今年は提供枚数(=優勝回数)が少なかったのが残念でした。ちなみに、ジャンケンはあっさり負けました(笑)。

 そしていよいよビンゴ大会! 皆さんの目の色が変わります。豪華出資割引券! そして無償一口出資券!! もちろん、その他豪華賞品も!

 でも毎年、逆ビンゴで無償出資券を提供させられる牧場さん側は大変ですね。他の賞品でも良いのだそうですが、流れ的にそうなってしまうみたいです(汗)。しかし、私を含め参加する会員さんたちにとってはとても嬉しいお気遣いであることは間違いありません。

 今年もどんどん加熱して大盤振舞いとなり、最後には用意されていた券の枚数がなくなり、打ち止めになりました。

【牧場の努力と熱意】

 今年は目標通り、懇親会や二次会で、牧場さんからいっぱいお話を聞けました。

 見学時のお話でもそうだったのですが、その牧場さんが拘っている血統・血脈への情熱や、馬作りに対する熱い想いが、すごく伝わってきました。

 いくつかの牧場さんが「会員さんがどういう馬を望んでいるのかが知りたい」とも話されていました。常に、この先の需要と生産、供給を考えているのです。

 他の会員さんとも、「今年の当歳馬は、昨年にも増してすごく魅力的なラインナップだね」と話しましたが、そこからも牧場の努力と熱意を感じることができます。

【また来年!】

 競馬場での口取り以来、久々に再会した方や、ネットでやりとりしていた方と、やっとお会いして話せたり、とても楽しくあっという間に時が過ぎ去った2日間でした。

 初日の雨で柔らかくなった芝にバスがタイヤをとられるという小さなアクシデントもありましたが、スムーズな進行になるように工夫してプログラムを組んで下さったクラブの皆さん、さらに、途中大雨の降る時間帯もあった中、準備していただいたり、びしょ濡れになりながら展示してくださった各牧場の方々に、本当に感謝いたします。ありがとうございました。

 気になっていたあの馬たちは、私が想像していた以上に逞しく、力強い馬体に成長していました。とても楽しみになりました。来年以降のツアーでは、優勝ゼッケンの枚数もかなり増えることでしょう。また来年、元気な仔馬たちに会えるのを、楽しみにしています!

 
     
 
このページを閉じる
 
 
Copyright (c) Laurel Club Inc. All Rights Reserved.