入厩予定先 未定
総額(総口数) 1,200万円(200口)
一口価格 60,000円
維持費 3,000円/月(2歳1月より)
保険料 1,920円/年(2歳より)
 
  2017.3.11生 牝 栗毛  
 
 
  2017年11月撮影  
 
スクリーンヒーロー
栗毛 2004
グラスワンダー
栗毛 1995
Silver Hawk Roberto
Gris Vitesse
Ameriflora Danzig
Graceful Touch
ランニングヒロイン
鹿毛 1993
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダイナアクトレス ノーザンテースト
モデルスポート
ポポチャン
鹿毛 2005
トウカイテイオー
鹿毛 1988
シンボリルドルフ パーソロン
スイートルナ
トウカイナチユラル ナイスダンサー
トウカイミドリ
アトラクト
栗毛 1983
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
Azeez Nashua
La Dauphine
 
  4代までのインブリード: なし 生産:ハクツ牧場  
   
 
支払い月
申し込み月
17年10月
〜18年7月

8月

9月

10月

11月

12月
19年
1月

2月

3月

4月
分割
回数
当年10月〜1歳7月 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 10回
1歳8月   6,800 6,650 6,650 6,650 6,650 6,650 6,650 6,650 6,650 9回
1歳9月   7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 8回
1歳10月   8,700 8,550 8,550 8,550 8,550 8,550 8,550 7回
1歳11月   10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 6回
1歳12月   12,000 12,000 12,000 12,000 12,000 5回
2歳1月   15,000 15,000 15,000 15,000 4回
2歳2月   20,000 20,000 20,000 3回
2歳3月   30,000 30,000 2回
2歳4月   60,000 1回
 
 
解説
本馬は昨年の米子ステークスを快勝している現役オープン馬ケントオーの半妹。父がダンスインザダークからスクリーンヒーローに変わって、図らずもジャパンカップ勝ち馬同士の組み合わせとなった。「牝馬が生まれて欲しいと配合し、生まれたのがポポチャン。希望する取引が出来なかったので、未出走のまま4歳春から繁殖牝馬として供用しています」という母から生まれた本馬は、ハクツ牧場代表のこだわりが詰め込まれた配合馬だ。母系はマルセル・ブーサックが生産し、基礎繁殖牝馬として一大ファミリーを築き上げたLa Troienneにさかのぼる名血。そのLa Troienneの玄孫にあたるアトラクトが繁殖馬セールに上場されると聞いて「決死の覚悟で」競り落としたという。当時、すでに重賞勝ち馬の母となっていたアトラクトの争奪戦が激しいものとなったのは想像に難くない。実はスクリーンヒーローもさかのぼればLa Troienneファミリーの末裔。父も母も、同じ名牝から生まれた名血なのだ。血統表の隅々まで生産者のエッセンスが詰め込まれた本馬に一票を投じてみたい。
 
 
このページを閉じる
 
Copyright (c) Laurel Club Inc. All Rights Reserved.