入厩予定先 栗東・飯田雄三
総額(総口数) 1,000万円(200口)
一口価格 50,000円
維持費 3,000円/月(2歳1月より)
保険料 1,600円/年(2歳より)
 
  2017.2.21生 牝 鹿毛  
   
  2018年6月撮影  
 
ヴィクトワールピサ
黒鹿毛 2007
ネオユニヴァース
鹿毛 2000
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ポインテッドパス Kris
Silken Way
ホワイトウォーターアフェア
栗毛 1993
Machiavellian Mr. Prospector
Coup de Folie
Much Too Risky Bustino
Short Rations
コンフォータブル
青鹿毛 2011
ザール
黒鹿毛 1995
Zafonic Gone West
Zaizafon
Monroe Sir Ivor
Best in Show
ローズホーラー
黒鹿毛 1991
トウシヨウボーイ テスコボーイ
ソシアルバターフライ
ミステイローズ サクラシヨウリ
サクラタニマサ
 
  4代までのインブリード: なし 生産:樋渡牧場  
   
 
支払い月
申し込み月
17年10月
〜18年7月

8月

9月

10月

11月

12月
19年
1月

2月

3月

4月
分割
回数
当年10月〜1歳7月 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 10回
1歳8月   5,600 5,550 5,550 5,550 5,550 5,550 5,550 5,550 5,550 9回
1歳9月   6,250 6,250 6,250 6,250 6,250 6,250 6,250 6,250 8回
1歳10月   7,400 7,100 7,100 7,100 7,100 7,100 7,100 7回
1歳11月   8,500 8,300 8,300 8,300 8,300 8,300 6回
1歳12月   10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 5回
2歳1月   12,500 12,500 12,500 12,500 4回
2歳2月   16,700 16,650 16,650 3回
2歳3月   25,000 25,000 2回
2歳4月   50,000 1回
 
 
解説
牝馬で初仔とは思えぬ恵まれた馬格を誇る本馬は、常に放牧グループのリーダーシップをとるピリッとした気性の持ち主でもある。知らない人間が放牧地に入っても警戒する事なく、顔を撫でられても落ち着いている。その反面、いざ走りだすとスイッチが入り、切れのあるフットワークで見事な加速を披露してくれるのだ。気品漂う立ち姿を見るたび、柔軟な筋肉を備えた美しいボディラインの馬体に、成長とともにたくましさが加わったら、どれほどの馬になってくれるだろうと楽しみでならない。スワンズウッドグローヴに端を発するファミリーラインに、無敗の5連勝でデイリー杯3歳Sを制した伯父フジノテンビーに続く活躍馬として、ぜひ名乗りをあげてほしい。桜花賞馬ジュエラーや秋華賞2着のパールコードなど、父ヴィクトワールピサがスピード豊かな母系と相性が良い事も強調ポイントだ。7月22日現在、父の2歳産駒はすでに5頭が勝ち上がり、母の父ザールはカルティエ賞最優秀2歳牡馬に選出されている事から、本馬にも早期からの活躍が期待される。
 
 
このページを閉じる
 
Copyright (c) Laurel Club Inc. All Rights Reserved.