入厩予定先 美浦・高橋文雅
総額(総口数) 1,000万円(200口)
一口価格 50,000円
維持費 3,000円/月(2歳1月より)
保険料 1,600円/年(2歳より)
 
  2016.4.9生 牝 鹿毛  
   
  2018年3月撮影  
 
キンシャサノキセキ
鹿毛 2003
フジキセキ
青鹿毛 1992
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston's Mill
ケルトシャーン
鹿毛 1994
Pleasant Colony His Majesty
Sun Colony
Featherhill Lyphard
Lady Berry
レッドティムール
青鹿毛 2009
シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999
Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
ルビーマイディア
黒鹿毛 1994
Gone West Mr. Prospector
Secrettame
North Sider Topsider
Back Ack
 
  4代までのインブリード: なし 生産:村上欽哉牧場  
   
 
生産・育成の現場から
浦河町の吉澤ステーブルにて坂路調教を再開し、BTC内の屋内坂路1本を18秒ペースのキャンター調教を消化。厩舎長によると「場内の角馬場で入念にウォームアップを行なってからBTCの馬場に入れていますので、調教ペースはゆっくりですが運動量はしっかりと積んでいます。左前肢の骨瘤は落ち着いたまま変化がありませんので、このまま進めていけるでしょう。飼葉を食べられる量が増えていますので、これからはこれまで以上に負荷をかけた調教に進めていけるでしょう。以前は調教内容が高まってくると、カリカリして馬体が寂しくなりやすい傾向にありましたので、引き続き運動メニューと飼料管理に工夫を凝らしていきます」との事です。測尺は体高159cm(+1)・胸囲174cm(+1)・管囲19.5cm、馬体重は434kg(+6)です。その後は屋外直線ダートコース2本を18秒ペースのキャンター調教を行なっています。厩舎長が「まだ時計は出していませんがダートコースで負荷をかけた調教を行なっています。キャンターに下ろした時のスピードの乗りも良いですし、走るフォームも安定しており良い状態です」と話しているように、問題なく調教をこなしています。なお、キンシャサノキセキ産駒のブルスクーロ号が7月1日の2歳新馬(中京・芝1400m)で、ブルベアオーロ号は7月28日の2歳新馬(小倉・芝1200m)で、それぞれデビュー勝ちを決めています。
 
 
このページを閉じる
 
Copyright (c) Laurel Club Inc. All Rights Reserved.