入厩予定先 栗東・高橋康之
総額(総口数) 1,500万円(200口)
一口価格 75,000円
維持費 3,000円/月(2歳1月より)
保険料 2,550円/年(2歳より)
 
  2016.5.13生 牝 鹿毛  
   
  2016年8月撮影  
 
ジャスタウェイ
鹿毛 2009
ハーツクライ
鹿毛 2001
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アイリッシュダンス トニービン
ビユーパーダンス
シビル
鹿毛 1999
Wild Again Icecapade
Bushel-n-Peck
シャロン Mo Exception
Double Wiggle
シタール
栗毛 2003
Fusaichi Pegasus
鹿毛 1997
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Angel Fever Danzig
Rowdy Angel
Rose Park
鹿毛 1986
Plugged Nickle Key to the Mint
Toll Booth
Hardship Drone
Hard and Fast
 
  4代までのインブリード: なし 生産:松浦牧場  
   
 
生産・育成の現場から
新冠町の松浦牧場にて夜間放牧を行なっています。管理予定の高橋康之師は、「ジャスタウェイ産駒らしく、手足が長くて軽やかな歩きをする馬ですね。肉付きが良いだけではなくシャープさも備えていて、全体のバランスが整った美しいシルエットの持ち主です。このまま無事に成長してくれる事を願っています」と本馬の印象を話しています。高橋(康)師は開業4年目の44歳。もともとは騎手として名門・池江泰郎厩舎からデビューしており、ステイゴールドをはじめとした数々の一流馬の調教に携わってきた実績の持ち主です。あのディープインパクトの背中を知る数少ないひとりとしても知られており、トレセン入厩後に初めて坂路で時計を出した際、58〜59秒の感覚で乗ったにも関わらず54秒の時計になってしまったという逸話は今でも語り草となっています。厩舎開業後は騎手・調教助手時代の経験をベースとしながら、「草食動物としての馬」の性質をよく理解した上で人間との良好な関係を築く「ホースマンシップ」の考え方を取り入れ、心身ともに十分なケアを施す事に注力されています。開業初年度からレオパルディナ号で小倉2歳S・2着と健闘を見せ、翌年の桜花賞にまで駒を進めました。昨年はラヴァーズポイント号と挑んだCBC賞で2着に入って存在感をアピールしており、重賞タイトルの獲得も時間の問題と言えそうです。
 
支払い月
申し込み月
16年10月
〜17年7月

8月

9月

10月

11月

12月
18年
1月

2月

3月

4月
分割
回数
当年10月〜1歳7月 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 10回
1歳8月   8,600 8,300 8,300 8,300 8,300 8,300 8,300 8,300 8,300 9回
1歳9月   9,550 9,350 9,350 9,350 9,350 9,350 9,350 9,350 8回
1歳10月   10,800 10,700 10,700 10,700 10,700 10,700 10,700 7回
1歳11月   12,500 12,500 12,500 12,500 12,500 12,500 6回
1歳12月   15,000 15,000 15,000 15,000 15,000 5回
2歳1月   18,750 18,750 18,750 18,750 4回
2歳2月   25,000 25,000 25,000 3回
2歳3月   37,500 37,500 2回
2歳4月   75,000 1回
 
 
 
このページを閉じる
 
Copyright (c) Laurel Club Inc. All Rights Reserved.