入厩予定先 美浦・岩戸孝樹
総額(総口数) 1,000万円(200口)
一口価格 50,000円
維持費 3,000円/月(2歳1月より)
保険料 1,700円/年(2歳より)
 
  2016.4.17生 牡 黒鹿毛  
   
  2016年8月撮影  
 
サウスヴィグラス
栗毛 1996
エンドスウィープ
鹿毛 1991
フォーティナイナー Mr. Prospector
File
Broom Dance Dance Spell
Witching Hour
ダーケストスター
黒鹿毛 1989
Star de Naskra Naskra
Candle Star
Minnie Riperton Cornish Prince
English Harbor
カズサクション
鹿毛 2011
ゴールドアリュール
栗毛 1999
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ニキーヤ Nureyev
Reluctant Guest
グランドサファイヤ
黒鹿毛 2000
アジュディケーティング Danzig
Resolver
ホットチョコレート リーチ
ナカミスターチス
 
  4代までのインブリード: なし 提供:KSTC  
   
 
生産・育成の現場から
新冠町の村上欽哉牧場にて夜間放牧を行なっています。「今年は2月から3月にかけての積雪量が例年に比べて少なく、また好天にも恵まれていたため、放牧地の雪は3月の半ばにはすっかり解けました。放牧地も良い状態を保てていますので夜間放牧を継続しています。暖かくなってきて換毛も進んでいますから、最近は手入れでの抜け毛の量がすごいです!」と笑いながら話してくれた牧場スタッフの顔や作業着には、色とりどりの抜け毛がびっしりと付いています。夏の募集馬カタログ写真で見せるピカピカの毛ヅヤは、このような日々の地道な取り組みの結晶ですから、文字通りの芸術作品だと言っても差し支えないでしょう。なお、本馬の父サウスヴィグラスの産駒は3月も絶好調。南関東3歳クラシックの最重要ステップレース・京浜盃(3月22日・大井・D1700m)でヒガシウィルウィンとピンクドッグウッドがワンツーを決めたほか、JRAではサウススターマン、スズカリバー、ブレークオンスルーの3頭が新たにオープン入り。自身にとって過去最速のペースで収得賞金を積み上げています。また、サウスヴィグラス産駒の叔母グラスサファイヤ号が3月29日の南関東の牝馬クラシック・桜花賞で2着に健闘しました。
 
支払い月
申し込み月
16年10月
〜17年7月

8月

9月

10月

11月

12月
18年
1月

2月

3月

4月
分割
回数
当年10月〜1歳7月 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 10回
1歳8月   5,600 5,550 5,550 5,550 5,550 5,550 5,550 5,550 5,550 9回
1歳9月   6,250 6,250 6,250 6,250 6,250 6,250 6,250 6,250 8回
1歳10月   7,400 7,100 7,100 7,100 7,100 7,100 7,100 7回
1歳11月   8,500 8,300 8,300 8,300 8,300 8,300 6回
1歳12月   10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 5回
2歳1月   12,500 12,500 12,500 12,500 4回
2歳2月   16,700 16,650 16,650 3回
2歳3月   25,000 25,000 2回
2歳4月   50,000 1回
 
 
 
このページを閉じる
 
Copyright (c) Laurel Club Inc. All Rights Reserved.