入厩予定先 栗東・庄野靖志
総額(総口数) 700万円(200口)
一口価格 35,000円
維持費 3,000円/月(2歳1月より)
保険料 1,190円/年(2歳より)
 
  2015.3.12生 牝 青鹿毛  
   
  2016年8月撮影  
 
ヴァーミリアン
黒鹿毛 2002
エルコンドルパサー
黒鹿毛 1995
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
サドラーズギャル Sadler's Wells
Glenveagh
スカーレットレディ
黒鹿毛 1995
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
スカーレットローズ ノーザンテースト
スカーレツトインク
グロースバンダム
黒鹿毛 2009
ダンスインザダーク
鹿毛 1993
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダンシングキイ Nijinsky
Key Partner
ロイヤルブライド
鹿毛 1989
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
ロイコン High Top
Madelon
 
  4代までのインブリード: サンデーサイレンス 3X3 生産:中神牧場  
   
 
生産・育成の現場から
浦河町の森本スティーブルに在厩しています。測尺は体高164cm、胸囲184cm、管囲20cm、馬体重は484kgです。BTC内の屋内坂路コース1本を18秒ペースのキャンター調教を行ない、社長は「ここまで思い描いていた通りに調教を進める事ができました。身体の成長が早く、馬体が完成しつつありますので、早い時期のデビューを目指してみても面白いと思います」と、本馬の順調な成長ぶりを評しています。続いて従来の坂路調教にBTC内の屋内ダートコース1200mを加えた18秒ペースのキャンター調教を消化。社長によると「ヴァーミリアン産駒は父父のエルコンドルパサーからくる独特のうるささがある馬が多い印象ですが、この仔は活気があるなかに気性が安定しているので扱いやすいですね。調教中の物見も徐々にマシなってきました」との事です。その後は短期間の休養を挟んでBTC内の屋内坂路コース1本を18秒ペースのキャンター調教を行なっています。社長は「体調に変化がなく良好な状態で調教を継続してきましたので、数日ほどリフレッシュさせました。休ませても元気が余って無駄にイレ込む事もありませんし、身体だけではなく気性も大人ですね。小休止しても体力面の低下はありませんので、休み明けから通常調教に戻しています」と話しています。なお、本馬の姪でヴァーミリアン産駒のワタシノロザリオ号が2月13日・小倉1 R・3歳未勝利で優勝。加えて、本馬が入厩を予定している庄野靖志厩舎所属のスワーヴリチャード号が2月12日・東京11R・共同通信杯(G3)を制しました。また、本馬の競走名が【ガーネットウィング Garnet Wing(英語)「真紅の翼」父名より連想】に決定しました。
 
 
このページを閉じる
 
Copyright (c) Laurel Club Inc. All Rights Reserved.